BCP対策は、燃料確保を視野に入れて!BCP対策の効果が発揮する環境下とは?

震災時は、燃料が調達しにくい状態へ

震災時は、企業のみならず一般に生活をしている方々も燃料を求める傾向が高まりますよね。地域で生活を行っている人々の生活が保証されなければ、燃料なんてとても調達する事はできません。地域に住む周りの人々が燃料に困っているにも関わらず、裏取引などで調達をすれば、周りの地域の人々から非難を受けるかもしれませんよ。震災に備えて、予めBCP対策によって燃料を確保していれば、震災に備えていた事として公に事業を継続して行く事が出来ますよね。

確保している燃料を使って、企業同士の絆を強める

災害時に燃料を求める企業は、企業を継続するために誰もが備えておきたい対策ですよね。自社の企業が災害に遭わなかった事を条件に、他の企業が災害に遭った場合において、確保している燃料を貸し出す契約を行っている企業もありますよ。燃料を確保している企業同士が行っている場合もあります。企業同士の絆が強まる事によって、支え合う精神が芽生える事もありますよね。この様なBCP対策は、自社で確保している燃料が尽きても、継続しやすい特徴を持ち合わせています。

BCP対策の効果は、震災のみでは限りません

一般的にBCP対策を行う目的は、震災などの災害に備えての対策ですよね。ただし、燃料確保によるBCP対策の効果は、震災などの災害のみに効果を発揮するのみでは限りませんよ。私達が住む国では、多くの燃料を海外からの輸入によって頼っていますよね。もしも、戦争などによって、輸入が出来なくなれば、どの様な震災対策を行っていても事業が継続できなくなってしまいますよ。一時的にしか確保できなくても、一時的に取り引き先に対して信頼を高めておく事によって、事業を継続しやすくする事も出来ますよね。BCP対策を行う事によって、信用の高い企業へ取引先を変える企業も増えるかもしれません。

BCP対策とは企業が火災や自然災害が起きた時にリスクを最小限にとどめるために平時から事業継続の為の対策や手段を計画することを言います。