トランクルームとレンタルコンテナの違い

トランクルームのメリット

トランクルームとレンタルコンテナの違いですが、トランクルームには個室のイメージがあり、物の保管を依頼できるスペースです。空調などが整ったところが多いですから、長期間の保存に向きます。それに対してレンタルコンテナの方は「箱」であり、物の一時的な保管に適しています。利用料金は、こちらの方が安めに設定されています。トランクルームには、管理人がいるところもあり、防犯などのセキュリティがしっかりしたところが多いようです。

レンタルコンテナのメリット

レンタルコンテナの料金は、コンテナの大きさによって異なっていますから、入れる物のサイズや個数に合わせてお選びになるとよいでしょう。夏に使う物を、利用しない冬の間に保管しておいたり、冬に使う物を夏の間保管しておくような場合に便利です。利用料金は安いですけど、空調がついていない場合がほとんどなので、物を詰め込みすぎるとカビなどが生えることがあります。引越しする際の家具の預け先とか、一時的な物の保管に向いています。

どちらの方が利用が便利

一時的に物を預ける場合とか、料金を安く利用したい場合については、レンタルコンテナの方が便利でしょう。しかし、預ける期間が長期間になる場合は、空調のついているトランクルームの方がいいかもしれません。特に、大事な物を預け入れる場合には、管理人のいるトランクルームに預けた方が安心できます。しっかり管理してもらえるでしょう。レンタルコンテナは安く利用できますが、コンテナが積んだような状態になっている簡単なところが多いようです。

トランクルームは自宅に入りきれなくなった荷物を預けるのはもちろん、思い出の品、趣味のグッズ、バイク・自転車の駐輪場代わりに利用する人も多いようです。