誰にも聞けない!包茎の種類と病院での治療について

包茎にはどんな種類がある?

恥ずかしい事から周りに相談出来ずに包茎で悩んでいる男性は多いですよね。包茎は3種類に分ける事が出来ます。平常時は亀頭が包皮に隠れている仮性包茎は最も多い包茎となっています。包皮の輪が狭い事で勃起時に亀頭を露出する事が難しいのがカントン包茎です。1番重症とされている真性包茎には、平常時・勃起時のどちらも亀頭を露出する事が出来ないといった特徴が挙げられます。3種類の包茎には共通する様々なデメリットがある事は有名ですよね。

包茎を放置するデメリット

包茎は放置したからといって日常生活に支障が出る事はほとんどありません。しかし、デメリットが多くある事から治療する事が推奨されています。性病に感染しやすい事を聞いた事がある方は多いですよね。亀頭が露出していない事から菌が繁殖しやすい環境となっている事が原因です。また、それ以外にも刺激に弱くなる事で満足する事の出来る性交渉を行えなかったり、恥垢が溜まりやすい事から悪臭を放つ事が多いといったデメリットが挙げられます。

包茎を病院で治療するメリットとは?

インターネットで調べると自宅でも包茎を治療出来るといった情報を見かけます。病院に行く事が恥ずかしく自分で治療をする方も多くいます。しかし、自宅での治療では完治させる事が出来なかったり、怪我をする恐れがある事から推奨はされていないんですよ。一方、病院で診察や治療を受けると患者の状態に合わせた治療方法を提示してもらう事が出来ます。手術で包皮を切除する場合でも、手術跡が目立たない治療方法も多くあるので安心して治療を受ける事が出来る環境が整えられています。

包茎とは、男性器が勃起時ではなく、正常時に亀頭が陰茎部を包む皮膚に覆われている状況のことをいいます。